まめこの簿記奮闘記

主婦が独学で日商簿記合格を目指すまとめブログ

商業簿記

貸倒引当金

投稿日:2018年4月6日 更新日:

貸倒引当金

今回は、貸倒引当金について記載します。

貸倒引当金の計上の流れは下記の通りです。

①貸倒引当金の金額を計算 ⇒ ②仕訳

貸倒引当金の金額の計算方法の仕方は下記の通りです。

①債権を3つに分類 ⇒ ②分類ごとに貸倒引当金を計算

分類 状態
一般債権 通常通り回収できると見込まれるもの
貸倒懸念債権 支払期限の遅滞など債権の回収に懸念があるもの
破産更生債権 経営破たん等に陥っている債務者に対するもの

債権とは、

ある者が特定の者に対して一定の行為を要求することを内容とする権利

出典:債権 - Wikipedia

まめお
一般債権や貸倒懸念債権といった名前の債権は無いよ。売掛金などの債権を、回収の可能性に応じて貸倒引当金設定のために分類するよ。

一般債権

一般債権の貸倒引当金の金額の算定は下記の通りです。

貸倒引当金 = 一般債権  ×貸倒実績率

※貸倒実績率は問題文に記載されているよ。一般債権の種類によって異なる貸倒実績率が設定されている場合もあるから問題文をよく読もう。

一般債権1,000に対して5%の貸倒見積額を設定する。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金繰入 50 貸倒引当金 50

貸倒懸念債権

貸倒懸念債権については、回収疑義の状態が債権によって異なるため問題文の指示に従って計算します。

まめお
計算方法が記載されているから覚える必要はないよ。

今までに出題された計算方法は、

債権から担保を差し引いた金額に対し貸倒引当金設定率を乗じる方法

貸倒引当金=(貸倒懸念債権-担保の処分見込額(あれば))×貸倒懸念債権に対する貸倒引当金設定率

売掛債権のうち1,000が貸倒懸念債権に分類される。債権から担保の処分見込額300を控除した残額の40%を貸倒引当金と設定する。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金繰入 280 貸倒引当金 280

※貸倒引当金280=(売掛債権1,000-担保の処分見込額300)×貸倒引当金設定率40%

キャッシュフロー見積法

貸倒引当金=債権の帳簿価額-(来期以降の利息受取額と元本回収額の総額を当初約定利子率で割り引いた額)

当期期首2018年1月1日に年10%金利、2020年12月31日返済の条件で貸し付けた貸付金2,000に対し、条件緩和(財政状態が厳しいので金利を下げてほしい)の申出があり、年5%の金利に引き下げることにした。貸出懸念債権に分類し、貸付金の帳簿価額と来期以降の利息受取額と元本回収額との総額を当初の約定金利で割引いた金額の総額との差額を貸倒引当金として設定する。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金繰入額 174 貸倒引当金 174

※貸倒引当金繰入額174=貸付金の帳簿価額2,000-来期以降の利息受取額と元本回収額との総額1,826

※来期以降の利息受取額と元本回収額との総額1,826=2019年の利息100÷当初の約定金利1.1+(2020年の利息100+元本回収額)÷(1.1^2)

まめこ
割引ってホントによく出てくるね。

破産更生債権等

貸倒引当金=破産更生債権等-担保(あれば)

売掛債権のうち1,000が破産更生債権に分類される。債権から担保の処分見込額300を控除した残額全額を貸倒引当金と設定する。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金繰入 700 貸倒引当金 700

翌期の処理

貸倒引当金の計上方法には、差額補充法と洗替法があります。

差額補充法 前期に計上された貸倒引当金残額と当期計上すべき貸倒引当金の差額を計上する方法
洗替法 前期に計上された貸倒引当金残額を取崩し、改めて当期計上すべき貸倒引当金を計上する方法

当期末、一般債権2,000に対して5%の貸倒見積額を設定する。前期貸倒引当金計上残高は50であった。

差額補充法

借方 貸方 貸方 借方
貸倒引当金繰入 50 貸倒引当金 50

※貸倒引当金繰入50=当期計上すべき貸倒引当金100-前期計上した貸倒引当金残高50

洗替法

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金 50 貸倒引当金戻入 50
貸倒引当金繰入 100 貸倒引当金 100
まめお
どちらの方法で計上しても、貸借対照表に計上される貸倒引当金の計上額は、当期末の債権に対して設定した貸倒引当金の金額になるよ。

貸倒時の処理

債務者の倒産により1,000の貸付金が回収不能になった。

借方 金額 貸方 金額
貸倒損失 1,000 貸方 1,000

債務者の倒産により1,000の貸付金が回収不能になった。当該貸付金に対し、前期500の貸倒引当金を計上している。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金 500 貸倒引当金 1,000
貸倒損失 500

過去誤謬の訂正処理

前期末、1,000の貸倒引当金を計上すべきところ、500の貸倒引当金を計上していたことが判明した。過去の誤謬(誤り・ミス)訂正を行う。

借方 金額 貸方 金額
繰越利益剰余金 500 貸倒引当金 500
まめお
訂正する場合には、まず正しい処理に直すんだよ。前期の帳簿は修正できないので、その場合、前期の費用勘定(貸倒引当金繰入)は繰越利益剰余金勘定を使うよ。
まめこ
修正した貸倒引当金は、前期末、つまり当期期首の貸倒引当金だよね。







-商業簿記
-,

Copyright© まめこの簿記奮闘記 , 2019 All Rights Reserved.